トップページ > informatin&blog > 中国の方の不動産購入

中国の方の不動産購入


image_pdfimage_print

代表のトミーです。

中国の方の爆買いがよく話題に出ますが、不動産も多く購入されています。中国の不動産バブル崩壊とか日本の不動産が安定しているという理由だけで購入が増えているわけではありません。

中国にはまず所有権というものがありません。あくまでも国から借りているという考えのため、有事のときは不動産の権利が無くなる可能性もありますし、売買する際に規制を受ける場合もあります。日本の場合は一部賃借権付というのもありますが、大半は所有権があるので所有者は有事がおきても所有権を主張できますし、自由に売買取引ができるのは中国の方にとってはとっても魅力です。また中国、台湾は非常に不動産価格が高騰している事もあり、日本の不動産に対して割安感を感じています。

中国本土の方の場合は中国政府より資金移動の規制がかかっているため、大半の方は親族の名義を使ったりして資金送金したり、スーツケースに現金を入れて購入するのが大半のようです。中国の方の購入エリアはよくお台場辺りといわれますが、これは台湾の方の購入者が多いのでそのイメージがついたようです。中国の方はターミナル駅や有名な場所のそばに購入するのが多いようです。

東京オリンピックまでに値段がどんどんあがるという話もありますが、中国の方が多く購入していることもあることが高騰化の要因ですので、中国の方の購買意欲が下がれば当然価格の下落が東京オリンピックの前でも下がることが想定されるため、オリンピックだからあがるというのは懐疑的に思えます。実際に日本の投資家の方は更に冷静に考えている方も多いので、不動産投資に対しては慎重な方も多いようです。ただ売却に関してはそういう背景もあるので一番タイミングがいい今を狙って売りに出している方も多くいらっしゃいます。

当面はこの状態は続くと思いますが冷静にマーケットの状況を見る目は養いたいと思います。

家具付賃貸を探すならhttp://www.23ku-kagutsuki.com/

tousi2

ご注意

ページのTOPへ